臭いに注意

車の査定にマイナスに働いてしまう要因にはたくさんのものがあります。
事故歴を持った車の場合、やはりその事故の度合いに応じて、査定はマイナスになってしまいます。

しかし、衛生面の評価でも、査定がマイナスに働いてしまうケースがあるのをご存知でしょうか?
実際には、車内の汚れを気にする人も多いようです。 しかし、現実的な査定で行くと、汚れよりも、車内の臭いにこそ、査定がマイナスに作用してしまう要因があるのです。

中古車によくあるタバコの臭いやペットの臭いが充満したもの。こういった状況では、査定に大きく響いてしまいます。
なぜなら、新しくその車を手にする人が、臭いのキツイ中古車は嫌ってしまうためです。

この頃では、犬や猫などのペットを車に乗せてドライブを楽しむ人も増えています。
しかし、ペットの臭いというもの、査定にマイナスに働いてしまうことを忘れずにおきましょう。 また、ペットの掻きキズや、ペットが汚した痕跡、そういったものも、査定の際には、マイナスになってしまいますので、気をつけてください。

やがては車も査定に出して、売却を検討する日がやってきます。そんな日のことを念頭に置き、日頃から、愛車は清潔に保つようにしましょう。 清潔な車は、車の査定の際にも有利になりますので、汚れやシミなどを気にすることはもちろんですが、臭いに関しても、しっかりとケアするようにしましょう。

しっかりとケアされた車は、それだけ高額査定に結びつきますので、そのことを考慮し、換気やスプレー消臭などには気を配るようにしましょう。 汚れやキズというのも、もちろん査定には影響してきますが、臭いというものがマイナス査定に作用するということは、見落としがちなので、しっかりと覚えておくようにしましょう!